Smile工房

撚糸工程(ねんし)
1本の糸を2本に撚り合わせる工程。Smile工房では、綿本来の風合いを残す拘りをこの工程から独自のノウハウで取り組んでいますいます。

整経工程(せいけい)
整経とは、原糸をビームと呼ばれる工具へ、糸を交差させることなく真直ぐ巻き取りを行う工程です。この工程を疎かにしてしまうと、後に多くの問題が起こってしまうため、集中力が必要な工程です。

糸繋ぎ工程
糸繋ぎ工程とは、整経工程でビームへ巻き取りを行った経糸を、織機へ乗せ換えを行う際に行っている工程です。一般的には機械で行う工程ですが弊社では、手で1本ずつ繋ぎます。

製織工程(せいしょく)
製織工程とは、経糸・緯糸を使って生地を織り上げる工程です。低速織り機で丁寧に織り上げています。撚糸工程での説明でも述べた通り、弊社では生糸を採用しているため高速で織り上げることができません。綿の「そのままの風合い」を損ねず、綿が持つ自然の強度に合わせ織り上げています。そうすることにより、綿本来の風合いが残されます。
精練工程(せいれん)
精練工程とは、綿繊維に含まれる繊維以外の不純物の除去を行う工程です。一般的に、この工程では多量の化学薬剤が使用され繊維を痛めながら、 後の脱色・染色を行いやすくするための加工を行います。 弊社では、独自開発した「低温シアバター精練法」を核とする 環境ストレスフリーを実現した新技術の精練工程を行っております。ウガンダ産オーガニックシアバターで作った石鹸を使用し、 綿繊維から不純物を優しく取り除いています。 この工程でも、綿繊維を傷めることなく、そのままの風合いを残す努力をしています。
脱水工程
脱水工程では、精練・洗い工程を終えた生地を均等に脱水し、繊維へのダメージを極力与えない工夫を行っています。乾燥工程
自然乾燥によって、素材に負荷のかからない方法で乾燥工程を行っています。自然の風合いがでる最後の重要工程です。
仕上げ工程
ゆっくり丁寧に、縫製し
「真面綿」が生み出されています。